本場・下関のふくを全国配送致します!株式会社 山賀

メールでのお問い合わせはこちら
定休日のお知らせ
NET SHOP
STAFF BLOG
GIFT
外部リンク
STAFF BLOG
GIFT

ふくの豆知識

高級魚として食卓にあがるふく。

その美味しさは誰もが知るところですが、ふくにまつわる豆知識は意外と知られていないものです。

ここでは、ふくの特性ふくが日本の歴史の中でどのように食されるようになっていったのか、など、ふくにまつわる豆知識をご紹介しています。

天然ふぐについて

ふくの本場:山口県下関市、その中でも、ふくの取扱量世界一の南風泊市場(はえどまりしじょう)の近くに、弊社は在ります。

長年ふくを手掛けている、ふく連盟加盟業者の目利きで買い付けた、ふくの王様である「トラフグ」を中心に、各種近海の天然ふくも取り扱っています。

近年では、美味しい養殖物のふくも多く出回っていますが、せっかくふくを食べるのであれば、狭い生簀でなく、自然の海でストレスを溜めずに育まれた、新鮮な美味しいふくを食べてほしい・・・、そんな気持ちで、下関のふく職人が1枚1枚まごころを込めて調理し、身質に応じた最良の調理方法で、皆様の食卓にお届けしています。

「ふぐ」と「ふく」

一般的には「ふぐ」と呼ばれていますが、下関や西日本では、「ふぐ」と濁らずに「ふく」と呼びます

これは、「ふぐ」が「不遇」に繋がり、「ふく」が「福」に繋がるからという諸説があります。

ふくの本場

戦国の世、安土・桃山時代に、豊臣秀吉公が朝鮮出兵の折、下関において大勢の武士や家来がふくの毒にあたって死んでいくのに立腹し、これを防ぐため食用禁止としました。

これに各藩が従う形となり、もしこの禁を破ってふくを食べ、命を落とした場合には、家禄没収や家名断絶というような、厳しい措置もあったとされています。

時は流れて明治21年、山口県出身で、下関にも所縁の深かった初代内閣総理大臣・伊藤 博文公が、下関にある「春帆楼」でふくを食され、「下関のふくには毒を見ず」とお墨付きを出し、全国に先駆けて下関でふく食が解禁されました。この「春帆楼」は、後に日清講和条約が締結された場所としても知られています。

ふくの毒

ふくにはテトロドトキシン(Tetrodotoxin)という、無色で無味・無臭の猛毒がありますが、ふく同士では、この毒は効かないそうです。自力で解毒する作用があるようで、共食いしても死にません。

しかし、人間の場合には、最悪、死に至る場合もあり、釣りに行ってふくが連れたとしても、決して自分で処理して食べてはいけません。
ふくを捌くには、ふく処理師の資格が必要です。

もしふくの毒にあたってしまった(中毒にかかった)場合には、口唇・舌端・指先などに痺れが起こり、摂取した量により、頭痛・腹痛・嘔吐といった症状がみられます。更に、知覚麻痺・運動麻痺・言語障害・呼吸困難・血圧降下などをきたし、前述したように、最悪の場合には、死に至ることもあります。

このような症状が出た場合には、食べた物は全て吐き出し、水や食塩水を多量に飲んで嘔吐を繰り返し、胃を洗浄することが必要です。患者を安静にし、一刻も早く医師の手当てを受けることが必要です。

ふくの日

1980年より、下関ふく連盟が、2月9日を「ふくの日」と制定しました。
この日には、恵比寿神社で祈願祭が開催され、2月9日に近い祝日である2月11日には、ふくの取扱い量世界一の南風泊市場(はえどまりしじょう)で、「ふくの日祭り」が開催されます。

下関のふくに関するイベント

■ 2月9日(ふくの日) / 祈願祭
 下関市南部町の恵比寿神社にて開催。

■ 2月11日(祝日) / ふくの日祭り
 下関市彦島西山町の南風泊市場(はえどまりしじょう)にて開催。会場では、ふく刺しや関連製品の即売会などが行われ、恒例の「ジャンボふく鍋」サービスや、大抽選会などで大変盛り上がります。

■ 2月下旬 / 献上ふく
 最も美味しい時期に、天然トラフクの最高級セットを、宮家に献上。

■ 4月29日 / ふく供養祭
 ふくシーズンの終わりを全国に告げる、伝統行事。南風泊に全国各地のふく関連業者が集まり、ふく族の御霊を慰め、関門海峡にふくを放流します。

■ 9月29日 / 秋のふく祭り
 ふくシーズン到来を、全国に告げる行事。下関市中之町の亀山八幡宮で、豊漁と航海安全を祈る神事が執り行われます。

■ 11月23日(祝日) / 下関さかな祭り
 下関市大和町の下関漁港で開催。ふく刺しはもちろん、近海で獲れた新鮮な魚や水産加工品、青果・生花などを安価で販売。スーパージャンボふく鍋・あんこう鍋・くじら鍋なども、1杯100円と、安価で食べれます。

このページの上へ