本場・下関のふくを全国配送致します!株式会社 山賀

メールでのお問い合わせはこちら
定休日のお知らせ
NET SHOP
STAFF BLOG
GIFT
外部リンク
STAFF BLOG
GIFT

こだわりのふくについて

一般的にフグというと、トラフグなどの食用されているものを想像しますが、実はフグはとても種類が多く、「フグ目○○亜目○○科○○属」というように、魚の大分類で、フグ目というのがあります。

このフグ目の中には、ハリセンボンやマンボウ、カワハギなども含まれています。

主なフグとフグの仲間

■トラフグトラフグ

言わずと知れた、高価なフグの王様です。

さまざまな料理に使われますが、やはりお刺身で食べて頂きたい!!


■カラスカラス

トラフグによく似ています。

トラフグよりは劣りますが、こちらも、なかなか美味しいフグです。


■真フグ真フグ

こちらは、フグの女王様です。

ナメラフグとも呼ばれトラフグ同様、さまざまな料理に使われます。

刺身もさることながら、タタキや鍋物にしても美味。


■白サバフグ白サバフグ

鍋物・唐揚げなどによく使用されます。

尾びれがやや黄色っぽく、下半分の色合いが、灰色がかっています。

カナトや本カナトとも呼ばれています。


■黒サバフグ黒サバフグ

同じくサバフグですが、こちらは尾びれが黒っぽく、上下の端が白淵がかっています。


■ゴマフグゴマフグ

青黒色で、白ゴマを振り掛けたような見た目のフグです。

身がしまっているので、しっかりとした歯ごたえを好む方は、鍋物や唐揚げにはこちらをお勧めです。


■ヒガンフグヒガンフグ

春のお彼岸の頃に、産卵のため沿岸部にやってくるので、この名前が付いたそうです。

皮に、イボのような突起物があります。


■ヨリトフグヨリトフグ

地方によっては、カワフグ・デデフグ・ミズフグ・チョウチンフグなどと呼ばれています。


■ナシフグナシフグ

胸ビレの上後方に、花弁のように白く縁取られた模様があります。

弊社のある下関市や瀬戸内海沿岸地域、九州地方では、普通に市場に出回っていますが、関東方面では、あまり見かけないかも。


■シマフグシマフグ

上部の青みがかった黒色に、白くて太い縞が入っています。


■ハリセンボンハリセンボン

体中に棘があることから、この名前が付いたとされています。

フグ提灯として、見かけたことがある方も多いのでは?

弊社のある下関では、ハリセンボンと同様に、トラフグのフグ提灯も、ポピュラーです。


■マンボウマンボウ

水族館でお馴染みのマンボウも、フグの仲間です。

言われてみると、どことなく似てるでしょ?


■カワハギカワハギ

食卓でお馴染みのカワハギも、実はフグの仲間です。

フグ同様、刺身や薄造りで美味しく食べられます。

また、煮付けやフライにしても美味しいです。身もさることながら、カワハギと言えば外せないのが肝です。

刺身や薄造りと一緒に食べたり、肝醤油にしても非常に美味しいですねぇ。


このページの上へ